簡単料理を思いつきました

今日も今日とて夕食の支度をする時間がやってきましたが、毎日毎日のこととなると、そう簡単に献立も思いつかなくなってきました。
食べたいものは特に見当たらないし、冷蔵庫には食べてしまわないといけない残り物が揃い踏み…。
おまけに食べないで夜が更けてしまうと、結局夜中にお腹が空いて眠れず、しょうもないものを食べてしまうのです。
Read More →

いま、今朝の新聞を読んでいる。

いま政治の世界でスキャンダルや問題が続出している。
内閣改造するまでは、スキャンダルなど一切表に出てこないので日本の政治もやっと落ち着いてきたなと思っていたら、またぞろ続々と出てきた。
野党もマスコミも「政策よりもスキャンダル」の様相だ。
これはおかしい。
もちろん、法令に違反していることや、明らかに問題がある点については追及すべきだと思う。
しかし、追及の度が過ぎて、政策を前に進めることが停滞しては、日本の国益を失することになる。
そこは、野党もマスコミもよく考えて行動してほしいと思う。
いまの日本の国力は、中国よりも劣っていると言われている。
中国の国力は、10年後にはアメリカをも追い抜くと言われている。
そんな状況で、日本の政治家たちは内輪もめをしている場合ではないと思う。
いまやっと日本経済は上向きになりはじめた。
それは、この1年6カ月間くらい政治の世界が安定していたから、安心して総理大臣も政策を進めて、外交もやることができた。
毎月のように総理大臣は海外へ出向いて、活発に日本をトップセールスしている。
国会が混乱すると、総理大臣は国会に縛られて海外出張だってできなくなると思う。
政策も前に進まない。
停滞してしまう。問題点の追及は正しいけど、対象者がまじめに反省して改善したら、もうそれでお終いにして、前向きに前へ進んでいってほしいと私は思う。

混合肌の人のスキンケア化粧品

自分の肌に合うスキンケアのため、化粧品は肌質に合わせるべきですが、混合肌の場合はどうやって選ぶのでしょう。
混合肌の場合は、日頃からパーツごとの状態をチェックしておくことが大切です。
暑い季節には額から鼻にかけてが、冬場では顎から頬にかけてのお肌が荒れてしまいがちのようです。
肌の状態は常に一定ではなく、ストレスや生活リズム、出産の経験等で変わったりします。
自分の肌をこまめに観察して、部分ごとに合わせて化粧品でスキンアをしましょう。
必要であれば、額から鼻の頭の一部を脂性肌として扱い、脂性肌用のスキンケア化粧品を使ったお肌の手入れをしてみましょう。
顎と頬のラインの皮膚が乾燥しているという場合は、乾燥肌のためにつくられたスキンケア用品を使います。
皮脂の分泌が衰えてお肌のバリア機能が低下していますから、セラミドという成分をスキンケア化粧品で補うことも大切です。
乾燥気味の肌をケアせずに放置していると、炎症やかゆみがひどくなったり、敏感な状態がより悪化したりします。
たくさんのスキンケア化粧品を使うのは困難だという人もいます。
少ないスキンケア化粧品で済ませるのであれば、より低刺激なスキンケア用品を使いましょう。
化粧水や、美容液、保湿クリームの効果を一つの商品で対応するスキンケア化粧品もありますが、混合肌の人は部分的に乳液を足すといった使い方がいいでしょう。

愛犬の管理はしっかりしましょう

先日コンビニへ買い物へ行った時の事です。

可愛らしい小型犬を連れてコンビニへ来た方がいたのですが
店の中に犬を連れて行くことは出来ない為
どこか犬を繋いでおく場所を探しているようでした。
Read More →

一人のおばあさん

家を出ると一人のおばあさんと目が合いました。
黒いズボンと黒い上着に茶色い小さなリュックサックを背負い、杖をついていました。
私は玄関前で手を滑らせ、鍵が音を立てて落ちました。
かがみこんでそれを拾い、おばあさんの顔を見上げると微笑んでいました。
「ああ、足が痛いわ。」かわいらしく微笑んでいますが、おばあさんの足取りは頼りなく、やっとのことで歩いていました。
「お近くですか?」と私はおばあさんはこのあたりの人なのかを尋ねました。
「いえいえ、私のお家は遠くですよ。今日は病院に来たんですわ。」
「あら、そうなんですか。」
「これからそこのバス停でバスに乗って帰るんですわ。」
「大丈夫ですか?お荷物、お持ちしましょうか?」
「いえいえ、いいんですよ。ありがとう。」
おばあさんはふらつきながらゆっくり歩いたため、ただでさえ速足の私は一歩進んではおばあさんを待って止まっていました。
「この病院は本当によく待たせる病院でね。」
「そうですね、国立病院ですから色々な方が来ますものね。」
「12時に入ったのに、出たのが16時!」
「あらら、一日があっという間に終わってしまいますね。」
結局何も手伝わず、何気ない会話をしただけでしたがおばあさんはとてもうれしそうでした。